外車の買取に中古車査定士に査定してもらう

所有していた外車を買い取ってもらう時には、少しでも高い買取価格をつけて欲しいと願います。
こうした外車買取価格は、中古車査定士の資格を有する買取業者が、査定によって決めます。
ちなみに1979年4月1日に、中古車業界の適正な査定の普及と、浸透を目的として制定されました「中古自動車査定制度」に基づいて定められたのが、「中古自動車査定士」という認定資格になります。
そして現在、中古車の査定は(財)日本自動車査定協会が設定しています。
中古外車買取は、中古自動車査定基準に基づいて行われています。
中古車は新車と異なり、同じ型式の車であっても、車の状態によって査定額は大きく異なって来ます。
その為、一定の基準を設けて、状態の異なる車を適正に査定する必要があります。
外車の基本査定項目には、車種とグレード、そして年式や車のカラー、更に事故歴や水没歴があります。
以上の5項目から、査定する外車のベース価格が算出されます。
その上で、外車の外装や内装、またはエンジンルームなどの細かな項目をチェックしていく事になります。
更には、定期的な点検整備の実施状況や、車検の残り期間、修理の有無なども、査定価格に左右してきます。
所有していた外車の取扱説明書や標準工具なども、紛失する事なく装備されていれば、ポイントが上がる事になります。
また、これまでの走行距離数も査定には影響をしてきます。
年式から換算して走行距離が少ない外車は査定には有利に働きますが、余りにも走行距離が少ないなど、長い期間放置されていたような外車は、動作不良を起こしやすく、逆に査定は厳しくなってしまいます。